Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある夏の日の出来事

長男が3~4才だった頃の話。

ここは都営だから、それなりに変わった出来事がある。

いやどこに暮らしていても、あるときにはあるのかも。

子供に乗せて帰宅中、家の近くに差し掛かったところで
おばさんが乗った自転車が並走してきた。

いやにくっついて走る自転車だな、危ないなと思っていたら

うちの駐場まで入ってきて、をバックで駐したいのに真後ろに居て、何か怒っている様子。

初めて見る人だし、怒っているし、車を停めて中からしばらく観察していたら

運転席に回ってきてをたたいて 「開けなさいよ!」 と怒鳴り始めた。

開けるはずがない。

こっちは子供も乗せているし、何かあったら困るし

でも、あんまりしつこいので、を1センチくらい開けて、何ですか? と聞いてみたら

「あんた、私をストーカーしてるでしょ!この間ものぞいてたでしょ!分かってんのよ!」 と
怒鳴られた。

何のことですか? と私。

「しらばっくれるんじゃないわよ!・・・・・・。  あらっ?・・・・・・ 子供? あなた?・・・あ~そ~~」

何だか勝手に何かを納得したように勢いがなくなっていったので
思い切ってを10センチくらい開けて理由を聞いてみた。

「最近、私の家にストーカーの人が来ていて、あなたを見かけて似ていたから・・・」 とおばさん

「でも、あなた子供さん連れてるし女の人だって気付いたの、ごめんね!」 だと。

私は当時ショートカットで、その日はポロシャツにジーンズで化粧はしてなかったけど
ストーカーに間違われるとは思いもしなかった。

「ハハハッ!ごめんね!びっくりさせちゃったわね~ 坊やごめんね~~」 と言いながら
おばさん団地の中に消えていった。

60才近いおばさんだった。

60才くらいのおばさんストーカー男呼ばわりされてしまった。 

今でも忘れられない。

自分が60になったとき、自分より20以上若い男の人を
家の近くでよく見かけることがあったとしても

自分がストーカーされてるなどとは私は思えないなー。

よっぽど自分に自信があるんだなと思った。

ダンナに話したら爆笑していたと思う。

今でも時々思い出す。

あのおばさんストーカーを捕まえられたのか?
他にもストーカーに仕立て上げられた人がいたのか?

そして、あのおばさんはどこから出てきたのか? あれから一度も見ないんだけど。

ぜんぜん見ない人なのに、あちらはどこで私を見かけて、どこから自転車で追いかけてきたのか? 

不思議だ。

今日のところはこの辺で。


今年、咲いていた百日紅!あの日もたしか咲いていた!暑い日だった!暑さのせいだと思いたい!
KC3N0048_convert_20151116013927.jpg


関連記事

Appendix

プロフィール

長男作 紙とセロテープのロボット

でん七はとぽっぽ

Author:でん七はとぽっぽ
いらっしゃいませ。40代主婦、ダンナと息子2人、4人家族の都営暮らし興味のある方もない方も気軽に寄っていって下さい。

ランキング参加してます

よろしければポチッとしていただけると励みになります

FC2Blog Ranking  にほんブログ村 住まいブログ 団地・公団住宅へ にほんブログ村 子育てブログ 年の差兄弟・姉妹へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

最新記事

カウンター

全記事へのリンク

全ての記事を表示する

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。